読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化身ランドはやめろ

だから私は、戦い続ける

運負け

今日成績公開があった。1番心配していたドイツ語の単位はとれたものの、1つ、よくわからない授業の単位を落としてしまった。

日文B、ホラー映画をみてリアペ書いとけば単位取れるといわれた、後期にわざわざ履修変更してまで受けることにした授業だ。実際に、授業では呪怨や着信ありなどといった有名なホラー映画を視聴しリアペを書くだけの簡単な授業だった。僕はホラー映画が苦手で、一度映像に酔ってぶっ倒れてから授業中ほとんど目を瞑っていたが、授業後にレジュメを熟読しながら補っていた。大学に面白いと思える授業が少ない中、試験前までは好きなほうの授業であった。

正月明けて、試験直前のことだ。

教授が突然、

「この教室の3割は落とす」

と言い出した。僕はこのとき、自分が落ちるはずないと思っていたから右から左に聞き流していた。試験対策も行い、単位は取れるだろうと思っていた…

しかし、今日成績発表で1つだけFが発見された。幻術か…?とか冗談ぽく自分に言い聞かせて再度みたら、普通に日文の単位が落ちていた。

真面目に授業受けていたのに何故単位を落としてしまったのか。本当にわからない。再履修しても同じ結果を辿るだろう。原因として、一度だけリアペで犬ハサの情熱を注いだことが挙げられたが、一度のリアペごときで単位を落とすはずがない。ではなぜか。

3割に負けたからだ。

教授は3割は落とすと言っていたが、原因がわからない以上3割に負けた説が濃厚であるのは明確だ。よって、今回の落単は運負けといえよう。熱湯や放電などの3割が大嫌いな僕は、今度はレートではなくリアルで3割に負けてしまった。

なぜ、真面目な学生の単位を3割で落とすのか。許さねぇ、明治。

これは、運負けだ。。。

 

テスト期間中s2の800回もの対戦回数のうちの半分稼いでいるが、落単には関係ない。何故なら持ち込み可だから。

 

 

他の科目の成績には関係ありました(小声)